給与自動振り込みサービスとの連携も可!交通費精算システムが便利

ロゴ
>Topics>細かい計算もおまかせ!交通費精算システム導入で工数削減

細かい計算もおまかせ!交通費精算システム導入で工数削減

電卓

交通費精算システムを導入すれば煩わしい清算もラクラク

交通費は、専任のスタッフが毎月給料日前に各個人に支給される額を計算しているという会社が殆どでしょう。従業員の数が多ければ多いほど、交通費の精算は大変な作業であり、多くのスタッフがその作業に時間を割かれることになります。しかし、交通費精算システムを導入すれば、システムが自動的に交通費を算出してくれるので、業務効率化が期待できるでしょう。各個人が出退勤をパソコンに入力するだけでシステムが一括で交通費を弾き出してくれるので、専任のスタッフの手間を大きく減らすことができます。

交通費精算システムを使った清算の流れ

車のミニチュア

パソコン上で勤怠管理を行う

毎日自宅から会社までの交通費を記録するためには、各従業員にシステム上で勤怠入力をしてもらう必要があります。勤怠入力方法はタイムカードと同じスタイルなので、複雑な入力作業は必要ありません。どのシステムでも大抵、事前に登録しておけば社員番号を入力するだけで自動的に出退勤を記録できるので、年配の従業員が多い会社でも安心して導入できるでしょう。

出張や営業にかかった交通費を入力

出退勤だけでなく、出張や営業周りで必要となる交通費を従業員が自腹で支払っている場合は、その交通費も入力する必要があります。申請があればその金額を入力すれば良いのですが、手作業での入力作業を減らしたい場合には、ICカードを使用してもらいましょう。ICカードをかざすことで自動的に交通費を読み取る機能を有したシステムもあるので、手作業での入力が面倒だという場合にはICカード読み取り機能のある交通費算出システムを導入してください。

交通費を一括算出

その月の交通費の入力が終わったら、給料日前に各従業員に支給する交通費のデータを表示させます。給与自動振込システムと連動させておけば、データを確認するだけで済むので大変便利です。交通費の算出はシステムが自動的に行なってくれるので人間が行うよりも正確だといえますが、入力情報が間違っていては意味がないので、手作業で入力した交通費があれば情報が間違っていないか確認してください。